金森雄介参戦

少女「君、聖杯戦争に参加してみない?」

金森「は?」

〜少女説明中〜

カナディア「そういう訳で君には聖杯戦争に参加して欲しいんだ。拒否権は…うん、拒否してもらっても構わない」

町で話しかけてきた少女に喫茶店に連れ込まれ大量の情報を叩き込まれた金森は混乱していた。

金森「ちょちょちょ、ちょっと待ってくれ!魔術が存在するってだけでも驚きなのにその魔術師の殺し合いに参加しろってのかよっ?どうして俺なんだっ?」

カナディア「募集条件に当てはまったからとしか言いようがないね。その様子だと断られそうだ。他を当たるとするよ」

そう言って立ち上がったカナディアは両手を頭の後ろで組みながらわざとらしくのろのろと歩く

カナディア「あーあ、せっかく聖杯があれば大抵の願いが叶うのにーっ」

金森「っ!待ってくれ!」

金森「その聖杯があれば…例えば、宇宙へ行くこととかも可能なのか?」

振り向いたカナディアは天使とも悪魔ともどっちともつかない顔で笑っていた。

カナディア「もっちろん☆」

金森は参加者に配っているという招待状を受け取った。

  • 最終更新:2018-07-23 12:49:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード