九重海音

名前:九重海音(ここのえ かのん)
年齢:18
性別:女性
属性:中立・善
身長:167cm 体重:53kg
特技:日本舞踊、神楽
好きな物:いなり寿司、潮騒
嫌いな物:冷汁、梅昆布茶
国籍:日本
所属:九終高等学校3年生、生徒会会長
起源:祈祷
魔術:呪術と修験道
属性:水
編成:正常
質:C
量:A
一人称:私(わたし) 二人称:あなた、〇〇様、貴殿 三人称:あんた、あいつ、彼、彼女


解説

九終島の魔術師達の長にして土地の管理を行う若き魔術師。腰の辺りまである黒髪ロングで、眼は翠色。大和撫子という言葉が似合う和服美人。普段は九終高校に通い生徒会長としての仕事をこなしている。教師生徒を問わず人気があり、一部の女生徒からは「お姉様」と呼ばれているとか。高校卒業後はロンドンの時計塔へ留学する予定。両親は3年前に他界しており、中学生の妹と二人暮らしのため家事や家計簿をつけるのも彼女の仕事。最近は妹が1人になっても大丈夫なように家事や家計簿の付け方を教えている。

使用魔術は呪術と修験道。特に呪術に限れば、例え1万km離れていようと呪いをかけることが出来るほどの才能を持つ。修験道も肉体面の強化を得意とするが、験力を使用したものは少し苦手。右目にだけ『追跡の魔眼』という魔眼を有しており、使用時には右目だけ緑から赤に変化する。『追跡の魔眼』は対象とした人間の位置を常に特定するものであり、例え痕跡を消したとしても彼女の魔眼から逃れることは出来ない。

今回の聖杯大会開催に伴い、運営側とある取引をしている。その内容は不明だが、彼女にとっては重要なことらしい。聖杯へかける願いは「これから先も九終島が平穏でありますように。」である。

  • 最終更新:2018-07-17 23:34:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード