ボズヴァル・ビャルキ

【CLASS】バーサーカー
【真名】ボズヴァル・ビャルキ/Bodvar Bjarke
【性別】男性
【身長・体重】188cm・85kg
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力A++ 耐久A+ 敏捷A 魔力B 幸運E 宝具A+

【保有スキル】
狂化:EX
ベルセルクの影響を受けているものの、ランクは規格外のEX。通常時なら意思疎通は可能だが『神々か、それに最も近い存在』か『スクルド』と相対すると理性が吹き飛ぶ。

ベルセルク:A
バーサーカーの語源となっているスキルで、威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化、格闘ダメージを上昇させる「勇猛」スキルと「狂化」スキルの複合。

獣の因子:A
バーサーカーは姿形こそ人間だが、遺伝子の半分以上が獣の因子で構成されており、筋力・耐久・敏捷のパラメーターを上昇、そして直感のスキルを有する。

無窮の武練:A+
ひとつの時代で無双を誇るまでに到達した武芸の手練。心技体の完全な合一により、いかなる精神的制約の影響下でも十全の戦闘力を発揮できる。

血の結託:A
兄弟の血を身に宿し、血を通して力を授かるスキル。筋力のパラメーターが1ランク上昇する。

【宝具】
追憶せし白き咆哮(ベルセルクル・ドールグスラシル)
・ランク:A
・種別:対人宝具
・レンジ:0
・最大捕捉:1人
生前、自らを白い熊に変身させた逸話が由来となっている。
体内に存在する獣の因子を活性化させる事で発動可能で、父ビョルンと同じ熊へと肉体を変身させる。発動中はランクB以下の宝具を含む攻撃を無効化し、幸運以外のパラメーターを1ランク上昇させる。しかしデメリットとして、理性は野生的な猛獣に偏り、意思疎通は困難ではあるが多少可能ではあるものの、言語能力が低下している為会話ができなくなっている。加えて、ランクB以上の神性持ちと相対した場合、制御が不可能になる。
皮肉な事に、神々を憎むあまり、嘗て崇敬していた主君にさえ牙を剥く事になるとは、バーサーカーはまだ知る由もない。
半獣人化する事も可能で、こちらはパラメーター上昇の効果は持つものの、宝具の無効化は持たない。しかし、意思疎通が可能な完全な知能を有し、且つ魔力消費量も軽減されるので、大半のマスターは緊急の場面でない限りこちらの形態を使う傾向があるらしい。
変身した完全体の容姿は、白い体毛に薄水色の紋様が描かれており、少なくとも羆サイズの体長を誇っている。
半獣人化した状態だと、頭部から上顎にかけてまで熊になっていて、鎧で全貌は窺えないものの、上半身はまるで毛皮を羽織っているような姿をしている。熊掌の下には人間の手が隠れているので、この状態ではしっかりと剣を振るえる。

犂星の契(スニルティル・レーヴィ)
・ランク:A+
・種別:対人宝具
・レンジ:1
・最大捕捉:1人
王を選定する“刺さった剣”が由来となっており、カリバーンと原点を同じくする。鞘から剣を引き抜き、戦闘を行えば3度勝利すると言われている氷の如し蒼き刀身の魔剣。
鞘から刀身を晒しただけでパラメーターを1ランク低下させる“重圧”の負荷を周囲にかけるが、神性持ちと怪物には通用しない。それ以外に、有翼の魔獣や、竜を殺した逸話からそれらの対象に追加ダメージを与えられる。
隠し要素と言う程ではないが、刀身に魔力を込めると氷が形成されるギミックも搭載されている。
真名を開放する事によって、剣に込められた“三つの勝利”という形をした膨大な魔力リソース、その一つ分のストックを消費して持ち主の念じた内容を奇跡として実現させる。
しかし、ストックを全て使い果たし後に“とある神霊”の攻撃を受けてしまえば、この宝具は破壊される。

希う銀の煌星(ゲンドゥル・トリール)
・ランク:A
・種別:対人宝具
・レンジ:1
・最大捕捉:1人
実兄ソーリルから譲り受けた魔法の鞘。氷のような蒼色に銀の象嵌がなされている。
周囲のマナを収集し、蓄積、一種の魔力生産保管工場を端末化させたようなもので、鞘に収められた剣は魔力を付与、または補充する事が可能。前述のスニルティルが消費した魔力ストックは、この宝具に収める事で回復できる。更に、マスターが不在になった場合の予備魔力としても流用でき、鞘が機能している間は独立した行動を取る事も可能となっている。
また、上述の剣の柄頭と連結させる事で、鞘に魔力的なエネルギー状の刃を形成し、両剣として機能させる事ができる。
双方の同意があれば託す事もでき、バーサーカーが消滅しても所有者が消えない限り現存し続ける。

【解説】
デンマークの伝説的な王フロールヴ・クラキが持つ12人のベルセルクの一人であり、最強のベルセルクと謳われていた。
北ノルウェーの王子で、灰色の熊に変えられてしまったビョルンと、彼の幼馴染であったベラとの間にできた三男。長男のフロディは下半身が狼と鹿の脚となり、次男のソーリルは足首が犬となっていたが、ボズヴァルだけは人間の姿をしていた。
ビョルンを熊に変え、姦計によって命を奪ってフィビトを討ち取り、父の仇討ちを成し遂げた後、“岩盤に刺さった選定の剣”を引き抜く事に成功する。
魔剣を継承した後、実兄二人の下へ訪れ、フロディからは血の繋がりによる更なる強さと、ソーリルからは銀の象嵌が施された蒼色の魔法の鞘を授かり、そして敵の手にかかるような事があれば必ず仇を討つ誓いを三人で立てる。
ノルウェーを出て名声を得る為にデンマークへ渡り、フロールヴ王との出会いを果たす。
王の精神性、魂、能力、その全てに感銘を受け、部下になる事を志願し、アディルスとの戦いを含めた数々の武功をあげたボズヴァルはベルセルクにおいて『第一の者』としての席を賜る。
フロールヴによって齎されたデンマーク王国の理想的な平和に、ボズヴァルはより一層感服し、今後とも一介の戦士として仕える事を改めて決意する。それは第三者の視点からすれば恋慕しているように見えたかもしれないが、彼のそのような心情はなかった。ただ、女の身でありながらも、屈強な戦士以上の剛腕さと、気高い精神の支えになりたかっただけだった。
しかし、その理想も長くは続かなかった。
王の妹であるスコーネの王女スクルドの計謀、それによって引き起こされた惨劇により、フロールヴ王とボズヴァルを含めた十二人のベルセルクは壊滅してしまった。
この終焉は大神オーディンによって定められた運命であり、それに抗おうとしたボズヴァルであったが、グングニルでスニルティルを砕かれてしまい、徹底的に破滅の道を歩まされてしまった。
故に彼は神を、神々を憎悪する。嘗て信仰していた神であっても、より大切に思っていた王や、仲間の運命を踏みにじった理不尽の権化を。
そして魔女をも憎む。破滅の一端を担った愚かな魔女を。
ボズヴァルは全てを憎悪しながらも、最期には王を想い、その生涯に幕を下ろした。

【人物】
白銀色の毛皮を羽織った重鎧の戦士。
勇猛という言葉を体現したような人物で、進取果敢な気性を以って最善を尽くそうとする誠実な性格。
表情筋が動き難いが、内心での感受性が豊かで、自分にも相手にも正直者。堂々と自身の意見をはっきりと言うので、好印象に映る者と鬱陶しがる者に分かれる場合が多い。そしてカッコいい言い回しが何故か多い。
自らの忠義に信念を尽くしており、決して折れる事のない不屈の精神を持ち合わせている。
このように、ベルセルクの中でも突出した戦士でhさるが、主君であるフロールヴの敬愛の念が、時折イキすぎて面倒くさいドルオタみたいに見られる事もしばしば。
嘗て信仰していたオーディンは最期の瞬間を経て憎悪の対象となっており、破滅させられて尚オーディンを信仰するフロールヴに複雑な思いをする事も。スクルドに関してもオーディン同様憎しみの対象となっている。
規格外ランクの狂化を有しているものの、意思疎通を可能としている。バーサーカークラスのパラメーター強化の恩恵に加え、ベルセルク等他スキルの強化も入っているので、基本ステータスはかなり高く、筋力に至ってはA++という最高ランク。しかし、その見返りとして熊化した状態の魔力消費が非常に激しく、ワンアクションを起こしただけで並みの魔術師なら即干からび、一流の魔術師であっても魔術行使が出来ない程の量を持っていかれる。加えて、が『神々か、それに最も近い存在』か『魔女スクルド』と相対すると暴走状態となり、魔力消費は更に激増し、意思疎通も取れなくなる。
特殊な条件下でなけれな理性は失われないので、通常のバーサーカーとは異なり現代に紛れ込む事が可能。動物の毛皮を使用したジャケットを好み、女性関係では割とフリーダムなので、すけこましな一面も。
聖杯に願う望みは『オーディンとスクルドを、この手で殺す機会』である。

【セイバーVer】


FGO風ステータス

レア度☆(4)

白き咆哮。胡蝶より『第一の者』の称号を賜りし戦士。

基本ステータス

能力値 初期値 最大値
HP 1652 10378
ATK 1720 10605
COST 16 16
属性 秩序、善、地、獣  

所有カード

Buster Quick Arts
3 1 1

所有スキル

スキル名 CT 継続 効果
ベルセルクA 7→5 1 自身の攻撃力をアップ
1 自身の宝具威力をアップ
獣の因子A 8→6 1 スターを獲得
1 自身に回避状態を付与
無窮の武練A+ 7→5 3 自身のスター集中度をアップ

クラススキル&パッシブスキル

スキル名 効果
狂化EX  


宝具

宝具名 ランク 種類 種別
ベルセルクル・ドールグスラシル A Buster 対人宝具
追憶せし白き咆哮
敵単体に超強力な攻撃▲&敵単体の防御力をダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉


攻撃モーション

種類 Hit数 動作
Buster 1 超スピードで体を地面すれすれに移動し、超火力の一閃(遠距離B)
回し突き蹴り(近距離B1)
咆哮の衝撃(近距離B2)
Quick 3 剣を投げつけ、敵に突き刺さったと同時に押し込み、魔力を込めて氷結させる(遠距離Q)
振り下ろし切りを繰り出し、その勢いのまま前回転して各足で蹴りおろす(近距離Q)
Arts 2 殴りつけて切る(近距離A)
EX 2 敵の頭上へ移動し、剣を下へ突き付けながら落下、ヒットした後追撃として氷の結晶を発生させる
NP(宝具) 7 白い熊へと姿を変え、連続攻撃を繰り出し、フィニッシュに両熊掌を叩きつける
スキル - (パターン1)白い息を吐く
(パターン2)剣を鞘に収納して魔力を充填させる

ボイス


開始 1 敵勢力を確認。これより殲滅する
2 獣故、手加減はしない
スキル 1 血の結束をここに
2 戦力把握、ベルセルクの力を示そう
コマンドカード 1 理解
2 従おう
3 重々承知している
宝具カード 1 獣の威容を纏う時か
アタック 1 ふんっ!
2 ぜいっ!
3 無駄だ!
エクストラアタック 1 隙だらけだ!
宝具 1 宝具開帳『追憶せし白き咆哮(ベルセルクル・ドールグスラシル)』。さあ、剥き出しの牙と戦意にて、単純明快な闘争と行こうぞ……グォオオオ!!!
ダメージ 1 支障なし……!
2 ぐぅ!
戦闘不能 1 ここで朽ち果てるか……オーディンめ
2 我が王よ、申し訳ない……
勝利 1 終戦。これより我が王の元へ帰投する
2 マスター、貴君の勝利だ
レベルアップ   命の祝福に感謝する
霊基再臨 1 霊基の向上を確認した。より獣の因子が漲っているような気がする
2 外見に変化は確認できないが、当方の持つ血の結束が増している
3 より全盛期に近づいたようだ。ここまでの助力に感謝が積もるばかり……何か礼をかなければな
4 これこそ主君を護りし当方の終点。マスター、我が王とは別の主人よ、曇りなき道筋を示すべく、当方が全霊を賭けて剣を振るうと誓おう
絆Lv 1 申し訳ない、当方は少し席を外す
2 こ、これは……我が王の、美麗な唇を付けたコップ。許されるのだろうか……しかし、許されるのであれば……祭壇に納めなければ……!
3 貴君は、我が王の髪から靡く芳香に覚えがあると、そう言ったな……! であれば、是非とも、その詳細を……!!!
4 我が王が南国の装い……通称ビキニを購入していたというのは、確かな情報か? 加え、装いの色彩は乳白と……すまない、少し席を外す。何、最新の一眼レフを取り寄せるだけだ
5 当方が、我が王と恋仲になりたいか否か……と? 愚問だ、当方は否と即答する。何故なら、我が王は遠目で癒され、愛でる存在であるからに過ぎん。恋仲などと、我が王に対する不敬に値し、一切の接触を禁ずる極刑に処される所存。まったく、貴君には未だ教授する事が山積みのようだ
会話 1 魔力の消費に関しては、申し訳ないがマスターの手腕にかかっている。当方は狂戦士として現界した故、供給量を限定する術(すべ)を持たないのだ、許せ
2 目見麗しい美女たちに一声かけてみたのだが、頰に紅を浮かべ、しどろもどろになってしまったが、現代においてこれは失敗したと捉えてもいいのだろうか?
3 我が王……! こうして再び合間見える機会が来ようとは。この刹那の時であっても、当方は未来永劫、王に忠誠と剣を(フロールヴ・クラキ同行時)
4 彼の者は……そうか、我が王の配下たるベルセルクの一人であったか。不思議と、懐かしき気配を感じた故に、少々頰が緩んでしまったようだ(ベルセルク同行時)
5 うむ……彼奴は、12人の一人とどうやら名が同じらしい。関係性が皆無なのは理解しているが、どうにもやりづらい(スヴィプダーグ同行時)
6 真(まこと)、奇妙な縁があるものだ。こちらへ現界して炎の巨人王と合間見えるとは(スルト・シンモラ同行時)
7 ……彼の大神ではない事は重々承知の上だが、どうにも湧き上がる怒りを抑えられん。何故、神霊がここへ現界しているのか……(神霊同行時)
8 なんと、悪名高き怪物たるグレンデルが、あのような美女であるとは。外聞が当てにならないとは、正にこの事か(グレンデル同行時)
9 スネグラーチカ、という名であったな。彼女から噴き出す小さな冬は、当方にとって実に縁深く、心地よいものだ。うむ、丁度良い機会だ。これを機に彼女と親しくなろう(スネグラーチカ同行時)
10 「スク◼︎ド……ス◼︎……ルドォ! Skuld────!! ◼︎◼︎◼︎◼︎◼︎──────◼︎◼︎────!!?」(スクルド同行時)
好きなこと   先刻から、少々シュガーレイズドを嗜んでいる。我が王の好物であれば、当方の好物も同然
嫌いなこと   嘗て信仰していた大神は、今や憎悪の対象。そして、血を分けた肉親でありながら王を破滅に追いやった魔の女王。この二つが、当方に負の感情を齎す……!
聖杯について   思うところはない。しかし、貴君が望むのであれば
イベント開催中   けたたましい宴だ。しかして、漂わせる気配は悪のそれではないらしい。顔を出すの一興かもしれん
誕生日   誕生とは、現世(うつつよ)にて巡り合わせを育んでくれる恵の極みだ。当方と貴君も、それに相当する
召喚   当方こそが彼の王が統べしベルセルクにおいて『第一の者』を賜ったいと高き戦士。真名を“ボズヴァル・ビャルキ”──白き熊、と……

  • 最終更新:2020-02-27 20:54:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード