ギネヴィア【色欲】

【CLASS】バーサーカー
【真名】ギネヴィア
【性別】女
【身長】164cm【体重】51kg
【属性】秩序・狂
【ステータス】筋力_A(D) 耐久_A(E) 敏捷_A+(C) 魔力_C(D) 幸運_B(E) 宝具_A+
【クラス別スキル】
狂化_EX
大罪刻印・色欲の効果を打ち消すように働いている。結果行動に制限が無くなっている。

【固有スキル】
湖との禁忌_A
円卓の騎士ランスロットとの禁忌の恋に落ち、円卓のみならずブリテンを崩壊させることになってしまった彼女の人生を昇華したもの。彼女は今なお己を罰し続ける。アーサー王が悪いのではない、ランスロット卿が悪いのではない。全ては弱かった私のせいなのです、と。
このスキルは常時発動型であり、ギネヴィアのステータスをランスロットへ限りなく近付ける。(大罪刻印の影響からか参照されるのがバーサーカーのランスロットとなっている)

大罪刻印・色欲A
このサーヴァントは異性に対して積極的になる(行動制限)。被虐体質の性的目線版。
狂化EXの影響で行動制限が取り払われ異性に対する誘引効果のみとなっている。



【宝具】
慟哭なる湖光(アロンダイト・ディスペアー) ランク_A 種別_対人宝具&対軍宝具 レンジ_1~50 最大補足_500人

セイバーのランスロットの宝具との差はあまりなく、強いて言うなら過負荷を無理矢理かけられないところか。しかしそれでも対人であれば無類の強さを持ち、並の剣であれば先に刃こぼれを起こす。バーサーカーの彼女のメインウェポンと言える。
保有するだけでステータスをワンランク上昇し、竜属性を持つ相手に対しては特攻ダメージが加算される。


共に地獄へ参りましょう(ゴー・ウィズヘル・ランスロット) ランク_A+ 種別_対人宝具 レンジ_1 最大捕捉_1

自身のステータスを全てE-ランクにダウンさせることで発動可能。彼女と対象となった1人を強制的に地獄へと落とす。大罪刻印・色欲の効果を上乗せすることで対抗する手段が限りなくゼロに近くなる。


偽・騎士は徒手にて死せず(ナイトオブオーナー)
ランク_A+ 種別_対人宝具 レンジ_1 最大捕捉_30

ランスロットの宝具と同様の効果を持つ。しかし手に持った物ではなく鎧に付属する棘のような装飾を刺すことで宝具化する。その特性上敵の宝具を奪う等のことが出来ず本家より劣るが棘の数だけ同時に操れる為一度に六つまで宝具化し操れる。
大罪刻印・色欲の効果でアーサー由来のスキルや宝具を封印することで獲得した宝具であるため大罪刻印が失われると使用不可となる。






【解説】
アーサー王伝説に登場するアーサー王の妻にして王妃。アーサー王を献身的に支えた一方で、円卓の騎士の1人であるランスロット卿と禁断の恋に落ち、円卓とブリテンを崩壊させるきっかけを作ってしまった。

バーサーカーとして召喚された彼女は常に自分を責め、例え戦闘中であってもその心には常にあの日の後悔が渦巻いている。

マスターには基本的に従順。その一方で、ふとしたきっかけで暴走する危険性があるため無理強いをしてはいけない。

聖杯へかける願いはただひとつ、「アーサーに罰を与えてもらいたい」。

  • 最終更新:2018-08-09 00:51:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード