エミリア・スカーレッド

名前:エミリア・スカーレッド
年齢::19
属性:秩序・悪
身長:172cm
体重:56kg
国籍:アメリカ
趣味:読書
嫌いな物:ひとりぼっち
所属:なし
罪状:連続放火及び凍結による殺人、器物損壊など
 
囚人番号M-774。どこか暗い雰囲気の女の子。
経歴:彼女は生まれつきの特異体質(発火や凍結を引き起こす。原理不明)であり、幼少期から排斥された。しかし彼女は絶望しなかった。自分の体質を解析、制御しようとしたのである。だが無駄だった。かろうじてコントロールは可能となったが、原理の解明は不可能だった。だから彼女は諦めた。ーーー「もう誰とも関わらないでいよう」ーーーそう決めた。決断した後は早かった。町から町へ渡り、放火、凍結による殺人(殺人対象は悪と認識した人物)などを始めたのだ。しかし所詮は素人の犯行。証拠は残り、目撃者も多数。すぐに警察に逮捕された。その際、彼女は全く抵抗せず、むしろ独房へ入れてくれと懇願したとされる。
性格:ネガティヴな寂しがり屋。体質改善や友人作りの為に勉強したので頭は良い。しかし他人と積極的に関わろうとせず、「自分は危険人物だ」と嘯く。頼られたりすると断れない。
聖杯への願い:表立っては「体質を治す事」だが、彼女の本当の望みは「友人が欲しい」。もし彼女の全てを認め、受け入れてくれる人物がいれば、彼女は真摯に応えるだろう。
 
台詞
「オレは危険人物だからさ、近寄らない方がいいよ」
「ひとりぼっちはイヤだ。でも、誰かを傷つけるぐらいなら、その方がマシだ」
「君は悪いヤツだ。殺.せば、誰かがオレを認めてくれるかもしれない。………ゴメンね?」

  • 最終更新:2018-08-03 14:00:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード