エドワード・ラック

名前:エドワード・ラック
年齢:25歳 男性
罪状:連続殺人
属性:混沌・悪
特技:殺人
好きな物:なし
嫌いな物:冤罪
国籍:フランス
起源:汚染
質:D
量:D+


彼は元々普通の学生だった。しかしある日濡れ衣を着せられ冤罪で投獄されることになる。
「どうして」「なぜ自分が」と獄中生活を送っていたある日面会に来た見知らぬ人物から自分が濡れ衣を着せられたこととその真犯人を告げられる。
激怒し憎悪の炎を燃やした彼はその人物の手引きで脱獄し、真犯人を着せられた濡れ衣通りの方法で殺.害する。

復讐の為に擬似的な魔術回路を移植しており低級魔術師レベルの魔術は使える。が回路を起動する度に全身に激痛が走る。それでも復讐のためなら、復讐する者を幇助するためなら限界を超えて使い続けられる。もはや彼の魂は復讐の一点に汚染されているのだから。




「お前は何故恨まない?自分を陥れこの牢獄に落とした者達を何故憎まない?」

「復讐したいとは思わないか?かつての俺のように嵌めた奴らを殺してやりたいとは思わんか?」

「俺は殺したぞ!今でも思い出せる連中の顔!命乞い!断末魔!復讐は何も生まないと宣う者もいるがあの瞬間確かに誕生した。俺という復讐の獣がな!」

  • 最終更新:2018-07-29 07:02:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード