アベル・アンドレ

名前:アベル=アンドレ
年齢:25
性別:男性
属性:中立・善
身長:195cm 体重:70kg
特技:諸学問、スポーツ全般
好きな物:民草、己、喜捨
嫌いな物:飢饉、紛争、貧困、苦痛
国籍:???
所属:なし
起源:救恤
魔術:錬金術
属性:地
編成:正常
質:A
量:B
文武両道の才に加えに高貴な血筋に生まれ落ちた某国の元王子。
誕生から宿命づけられた圧倒的な勝ち組であったが、その立場にありながらアベルは決して他者を見下さず、あまつさえそのものたちの為に生まれ持った地位を放棄し、苦しむ民草を救うことを目的として旅に出てしまう。

王族という優れた血筋からもともと質のいい魔術回路を保有しており、貧窮な者達を救う為に食物や金を錬成する錬金術を身に刻みつけている。
民の為に王位継承権すら捨て、無償で施しを行うその姿勢は現代の聖人と讃えられている。
しかし、その内面はあらゆる人間を自身よりも劣っていると考え「優れた生命である己が迷える子羊たる彼らを救ってやらなければならない」という良くいえばノブレスオブリージュとも言えるが、あまりにも独善的な思想の持ち主。
他者を救う己と救われた他者の笑顔を見る優越感に陶酔した一種の狂人。
他者を救う為であればどんな博打も時に倫理から外れた行為も行う精神性。
とはいえ救われる側からすれば無害なので縋り付く他ないため、無償で人を救うことで個人の持つ可能性を摘み、自身はその優越感に溺れるという「他人も自身もダメにする」タイプの人間
万能の願望機があるとすれば、より多くの民草を救うにたる力を求める(あくまで聖杯による救済ではなく、聖杯から力を得た自身による救済)
可能な限り多くの人間を救わずにはいられないある種「強欲」といえる側面も持つ

  • 最終更新:2018-07-19 07:35:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード