"ヒーロー"

【クラス】コンプレックス
【真名】ヒーロー
【性別】男性
【身長・体重】180cm・70kg
【属性】秩序・善(地)
【マスター】フリー
【ステータス】筋力D(+++) 耐久D(+++) 敏捷D(+++) 魔力D 幸運B 宝具E

【クラス別スキル】
幽微B
*正しい英霊の格を有しない彼らの朧げな存在は正体、スキルや真名の看破を妨げるが、同時に信仰や知名度による補正を受け付けない。
Bランクの幽微スキルによりヒーローは通常のマスターの透視による真名、スキル看破を阻害するがそれでどれくらい益があるのだろうか……?

抑圧統合A
*コンプレックスに当てはめられるサーヴァント、正確には纏められた存在達は大抵の場合、「己1つでは何もできない」という劣等感とも呼ぶべき物を抱えており、ランクが高いほどその劣等感は強い。
Aランクともなると相当なもので、人理に刻まれた本物の英雄…ヒーローを前にしたら本来の実力すら発揮できなくなる。

【固有スキル】
正義
*"悪"認定した対象(悪属性である必要はない)と敵対する場合、筋力、耐久、敏捷ステータスのプラスをひとつ解放する。
但し、正義に悖る行いは出来ない。令呪を使って命令しても強い抵抗力を発揮する。

勇気
*自身より強い相手、複数の相手と敵対する場合、筋力、耐久、敏捷ステータスをひとつ解放する。
但し、臆病と取れる行動は出来ない。勝ち目がない戦いだからといって回避する選択肢はないのである。

希望
*無辜の人々を守るために闘う場合、筋力、耐久、敏捷ステータスのプラスをひとつ解放する。
但し、無辜の人々が危機に晒されている場合はマスターの命令を無視してでも助けに行ってしまう。

英雄生成C
*同ランク相当の騎乗、単独行動、戦闘続行として発揮される複合スキル。ヒーローの嗜みである。

【宝具】
『かつて確かに在った輝き(エクス ブライト ブラスタ-』
対城宝具 ランクE レンジ1~99 最大捕捉1,000
*神秘などこの光には関係ない。人の心に宿り、そしていつか消えてしまう光だとしても、過去永劫未来永劫この光は少年少女から生まれるのだから。
人の集合無意識が寄り集まり生まれたコンプレックスだからこそ可能にした心造兵器とも言うべき宝具。その威力は星の聖剣にすら匹敵する……?かも知れない??
この輝きは松明三十本分に相当する。


【武器】
ヒーローは武器など使わない(極論)

空飛ぶマント
*ヒーローの証とも言える赤いマント。飛行能力を付与するだけでなく風もないのにはためくことが出来る(テンション依存)
サイズ、形状を自在に操ることが出来、マフラー状にすることも可能だが飛行能力はマントの形態でないと発揮できない。


【解説】
誰しもが心に描き、そして成長と共に色褪せてしまう正義の味方、そんな空想が寄り集まり最大公約数としてのヒーロー像がサーヴァントとなった複合霊基。
もし彼を聖杯戦争で召喚なんてしてしまえば取れる戦略は限られる上に地のステータスの低さから戦闘で頼りきりにすることも出来ない……それどころかマスターを"悪"認定すれば主従関係すら無視して攻撃までしてくる。
正義とは苛烈であり、例外を認めないものである。だが多くの神話が語るように、その在り方はより強い"力"の前に敗北するのを運命付けられている。

【制作】O0PRisauvg

  • 最終更新:2018-09-12 12:08:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード